選ぶ際のポイント

大学も専門学校もそれぞれ学校でできることの特徴が異なるため、より実践的な知識を身に着けたいか、分野を限らず知識を深め可能性を広げたいかという点でそれぞれ候補をいくつか絞っていくことでより選択しやすくなります。また、通う年数も異なるため、何歳を目処に就職をして稼ぎたい、という未来プランが決まっていればそれを実現可能な修了年数の学校を選択すると良いです。そして、大学と専門学校の大きな違いの一つにかかる学費も挙げられます。学費に関しては奨学金制度などさまざまな制度でサポートを受けることが可能ですが、多くの場合、自分一人では解決できないため家庭での話し合いによって無理なく継続して通学することができる学校を選ぶと良いです。

気になった学校を上記のようにポイントで絞っていき、数校まで選択肢を狭めることができたら、インターネットや文書を使ってその学校のパンフレットなど資料請求をしたり、実際に学校が主催するオープンキャンパスに参加したりして実際の学校のイメージをより形にしていきます。そうすることで自分が通いたい学校の雰囲気や通っている先輩の声などを参考に選ぶことができるためおすすめです。それぞれの特徴を把握したうえで自分が通いたい学校を選択しましょう。